コーヒーの味が変わる!?RI-COのマグカップの特徴や使ってみた感想を紹介!

コーヒーの味が変わる!?RI-COのマグカップの特徴や使ってみた感想を紹介!

本記事では、飲み物の味が変わっておいしく楽しめるRI-COのマグカップの特徴や、使ってみた感想を紹介します。

RI-COの特徴

 

RI-COの特徴は以下の2つです。

  • 飲み物の味がおいしくなる
  • 陶器をリサイクルして作られた

飲み物の味がおいしくなる

「水が腐らない」「お酒がおいしくなる」など、飲み物にまつわる多くの言い伝えがある備前焼。

コーヒーの味が変わり、雑味はまろやかにし、飲みやすくキレのある後味にしてくれるんです!

実際の試験でも数値的に証明されています。

そのため、コーヒーが冷めてしまっても、最後まで味を楽しむことができます。

また、香りを閉じ込め、冷めにくい形です。

コーヒーの温度に気を取られずにいることができ、作業やお仕事の集中力がよりUPするでしょう。

また、マグカップの手触りは少しだけザラザラしていて、何処となく本格的な喫茶店の雰囲気をかもし出してくれます。

陶器をリサイクルして作られた

 

RI-COのマグカップは陶器をリサイクルして作られています。

「陶器」は、土から生まれた自然に優しい素材です。しかし、陶器ごみとなると話は別で、焼き締めた陶器は有機物が消失しているため、そのままでは土に還りません。

しかし、RI-COの商品は、割れてしまった陶器をリサイクルしてつくられており、何度でも生まれ変わらせることができます。

RI-COを実際に使ってみた感想

 

私はブラックコーヒーを飲めないので、RI-COのマグカップでお水と紅茶を飲んでいます。

お水は角がなくなり、紅茶は渋くなくなる気がします!

何より、コロンとした形がかわいくて使っていると気分が上がります。

RI-COのブランドストーリー

 

なぜ備前焼はリサイクルできないのか?

そんな問いを持ち続けた2人が偶然出会ったことがRI-CO を開発するきっかけでした。

私たちのゴールは、特別なプロダクトではなく【日常文化】として持続可能なブランド育んでいくことです。

世界中の陶器が再生され、陶器ごみがなくなるRI-COは、そんな未来を目指しています。

RI-COのマグカップ-まとめ

 

陶器を使った飲み物がおいしくなるマグカップを使い、ぜひ毎日のコーヒータイムをお楽しみください。

 



商品ページはこちら→
ブログに戻る