OYAOYAの乾燥野菜がエシカルすぎる【特徴とおすすめレシピ】

OYAOYAの乾燥野菜がエシカルすぎる【特徴とおすすめレシピ】

「OYAOYAの乾燥野菜の味や使われている原料を知りたい」という方は多いでしょう。

OYAOYAの乾燥野菜は本来捨てられるはずだったとれたての規格外野菜を使用し、添加物・着色料不使用で乾燥野菜を作っています。

規格外野菜から作られる乾燥野菜はどんな味がするのでしょうか?

本記事では、OYAOYAの乾燥野菜の特徴や私が実際に食べてみた感想を紹介します。

本記事を読んでOYAOYAの乾燥野菜の購入を検討してみてくださいね。

OYAOYAの乾燥野菜の特徴

OYAOYAの乾燥野菜が大集合

OYAOYAの乾燥野菜の特徴は以下の3つです。

  • 規格外野菜をアップサイクルしている
  • ほかの乾燥野菜にはないこだわりがたくさん
  • とってもエシカル

1つずつ解説していきます。

規格外野菜をアップサイクルしている

規格外野菜をアップサイクルしている

OYAOYAの乾燥野菜は、形や色などが「規格」を満たしておらず、スーパーや店頭に出荷できなくなってしまったものを使用しています。

規格外野菜が出る割合は、農家さん一軒あたり総収穫量の3割程度で、年間200万トン以上もの野菜が捨てられているとされています。

食品ロスは農業の大きな課題の1つです。

規格外野菜は安く買いたたかれてしまう傾向があります。そこで、OYAOYAの乾燥野菜へ生まれ変わる規格外野菜は、農家さんの言い値で買い取られ、Win-Winの関係であることを大切にしています。

規格外野菜に正当な価値をつけ、農ある暮らしを届けることで、食品ロスの削減と農業の存続課題に向き合っているのです。

ほかの乾燥野菜にはないこだわりがたくさん

OYAOYAの乾燥野菜はほかの乾燥野菜にはないこだわりがたくさん

OYAOYAの乾燥野菜はとれたての野菜をそのまま乾燥加工し、添加物・着色料は一切使用していません。

多くの乾燥野菜はブドウ糖が含まれていることが多いのですが、OYAOYAの乾燥野菜は不使用です。

野菜のカットは畑の近くの福祉施設で産地に近い場所で加工し、輸送費の削減を図っています。

また、大量生産をしている乾燥野菜の多くは、高温で2時間ほどの短時間で乾燥させます。

しかし、OYAOYAは低温で40時間以上ほど乾燥させることで、あえてやわやわ触感を実現しています。

素材の味わいはもちろん、香りや色までリフレッシュでおいしさ新鮮です。

とってもエシカル

OYAOYAの乾燥野菜はとってもエシカル

OYAOYAの乾燥野菜は、以下のようにエシカルな点が多いです。

  • 乾燥野菜に含まれる独特な甘みであるブドウ糖や保存料・着色料は一切不使用で無添加
  • 捨てられてしまう規格外野菜をアップサイクルして食品ロスを削減
  • 京都産の収穫した野菜をその場で加工することで輸送における二酸化炭素の排出量を削減
  • 農家と適正価格での仕入れ(フェアトレード)を行い、持続可能な農家の存続を実現
  • エコロジーな土づくりや有機・無農薬栽培
  • エコファーマーを取得したエチエ農家の野菜を使用

OYAOYAの乾燥野菜を使用したおすすめレシピ

OYAOYAの乾燥野菜を使用したおすすめレシピ「もぐもぐ甘い炊き込みご飯」

OYAOYAの乾燥野菜を使用したおすすめレシピは「もぐもぐ甘い炊き込みご飯」です。

材料は以下の4種類です。

  • 感想きゅうり(1袋)
  • 塩鮭(1匹)
  • 塩昆布(ひとつまみ)
  • 米(2合)

ご飯と野菜を混ぜて炊くだけで簡単に作れます!

ほかのレシピはOYAOYAの公式サイトでチェックできるので、気になる方はぜひ見てみてください!

OYAOYAのブランドストーリー

OYAOYAのブランドストーリー

小さいころから野菜が好きだった商業者の小島玲さん。

大学で農業について学んだ際、農家さんが手塩にかけて育てている野菜や、日の目を浴びない野菜のおいしさと実情を知りました。

そして同時に、形が不揃いだったり、傷があったりする野菜は、訳ありで安く手に入るというイメージがありました。値引き交渉されがちで、直売所では価格競争になるため、収益にするのが難しいという課題も見えてきました。

そこで、農家さんと消費者である皆さんをつなげる、八百屋さんのような存在になりたいという思いから「八百屋」に京都らしく「お」を付け、野菜の存在も薫らせたOYAOYAが誕生したのです。

OYAOYA創業者からのメッセージ

OYAOYA創業者の小島玲さん

エシカル・サステナブルという言葉が近年流行しています。しかし言葉だけが先行してしまい、形だけのエシカル消費があるのも事実です。

OYAOYAでは、私が生まれる前からある野菜といったシンプルな商品、農家さんの知恵といった、ネットにはないエシカルな発想から乾燥野菜の販売を始めました。

自分で関心のある問題に関連した商品を購入することで、ブランドの応援はもちろん、関心のあることへの問題提起にもつながります。

ぜひ、商品を手に取った後は自分なりの感想を付け加えて発信していただけると嬉しいです。

みなさんで美味しいを耕しましょう。

乾燥野菜にデメリットはある?

乾燥野菜のデメリットは、ビタミンCやカリウムなど水溶性の栄養素が減少してしまう点です。

水溶性の栄養素は水に溶ける性質があり、日光や熱に弱いため、乾燥させると成分が失われやすい特徴があります。

ただ、逆に乾燥させることで増える栄養素もあります。具体的には以下の通りです。

  • 食物繊維
  • カルシウム
  • ビタミンD
  • 鉄分
  • ビタミンB群

乾燥野菜のメリット・デメリットを理解して楽しみましょう。

OYAOYAの乾燥野菜を食べて健康と環境を守ろう!

OYAOYAの乾燥野菜を食べて健康と環境を守ろう!

OYAOYAの乾燥野菜をまとめると、以下の通りです。

  • 規格外野菜をアップサイクルしている
  • 無添加・着色料不使用で健康にやさしいい
  • 輸送などのCO2排出にも配慮している

OYAOYAの乾燥野菜は健康にも環境にも優しい野菜です。優しいだけでなく、味も農家さんが手塩にかけた味わいを感じられるので、ぜひ購入してみてください!